ホシ治療院のはり・灸科

ホシ治療院

はり・灸科

ホーム > 治療院紹介 > はり・灸科

人間本来の免疫力を上げ、自然治癒力を引き出し身体のコンディションを整えます。急性のぎっくり腰から、慢性の肩こり等多様な症状に適応しております。

受付時間

はり・灸科
10:00~18:30
10:00~18:30
10:00~18:30
10:00~13:30
10:00~18:30
10:00~13:30
休診
  • ご都合に合わせて、直接ご来院下さい
    (特別な場合に限りご予約を受付いたします。)
  • お昼の時間帯も診療しております。
  • 受付時間は変更になる場合がありますので、詳しくはお電話で確認ください。
  • 休診日:日曜/祝日/お盆休み/年末年始

はり・灸科施術料金

お得に・継続して治療を受けられる回数券もございます。

初診料
(最終治療日より3ヶ月以上経過した場合にも初診料がかかります。)
1,000円
一般治療 3,500円
特別治療 4,500円
小児治療 2,500円
文書料 2,100円

保険について

はり・灸って保険が効くの?
医師の同意書があれば保険ではり・灸の治療がうけられます。
「同意書」とは・・・医師の診断の結果、保険ではり・灸の施術を受けることを認めた書類です。

はり・灸を保険で治療が受けられる病気は、下記の病名です。

神経痛 顔・胸・腕・腰。足など神経にそって痛むもの。
リウマチ 手・膝などの関節がはれて痛むもの。
腰痛症 腰が痛む、重い。
五十肩 肩が痛み、手が上がらない。
頚腕症候群 首・肩・腕にしびれや痛みがあるもの。
頚椎捻挫後遺症 など いずれも、慢性的な痛みです。
注意事項
  • 同意書は当院に置いてあります。
  • 同意書を記載してもらう場合は、以前又は現在かかっている医師にお願いします。
  • 同意書を書いていただけない場合は当院にご相談下さい。
  • 同じ病気では、医師などと同時に保険ではかかる事はできません。
  • 現在、薬が出ているときは切れた時から鍼灸の保険が適用されます。
労災保険について

労働者が業務労災・通勤労災により負傷、疾病に罹ったときには、労働保険の給付によって治療を受けることができます。(主治医の診断書が必要となります。)

回数券料金表

回数券をご購入いただく事により、お得に・継続して治療を受けることが出来ます。

回数券 (5回) 16,000円
回数券 (10回) 31,500円
回数券 (20回) 59,500円

はり・灸の適応症

下記のような様々な症状に適応しております。

呼吸器疾患
  • せき
  • たん
  • 気管支拡張症
  • ぜんそく
消化器疾患
  • 下痢
  • 便秘
  • 胃痛
  • 嘔吐
  • 胃けいれん
  • 食あたり
  • 胃酸過多
  • 胃潰瘍
  • 急性腸炎
神経、神経系疾患
  • 自立神経失調症
  • 坐骨神経痛
  • 肋間神経痛
  • 不眠症
  • 頭痛
  • 顔面性神経麻痺
  • 三叉神経痛
  • 頚肩腕症候群
  • 胸郭出口症候群
  • 手根管症候群
運動器疾患
  • 肩こり
  • 捻挫
  • 打撲
  • ねちがい
  • 椎間板ヘルニア
  • 関節痛
  • 五十肩
  • テニス肘
  • 関節リウマチ
  • 腱鞘炎
  • アキレス腱炎
  • バネ指
  • 腰痛
皮膚、泌尿器疾患
  • アトピー性皮膚炎
  • 膀胱炎
  • 尿道炎
  • 腎炎
  • 尿失禁
  • 前立腺肥大
循環器疾患
  • 動悸
  • 動脈硬化症
  • 低血圧
  • 高血圧症
  • レイノー病
耳鼻咽喉疾患
  • メニエール病
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 難聴
  • 鼻づまり
  • アレルギー性鼻炎
  • へんとう腺炎
  • 蓄膿症
眼疾患
  • ものもらい
  • 疲れ目
婦人疾患
  • 逆子治療
  • 冷え性
  • 更年期障害
  • 生理痛
  • 生理不順
  • つわり
  • 不妊症
小児疾患
  • 夜泣き
  • ひきつけ
  • 喘息
  • 夜尿症
新陳代謝疾患
  • 糖尿病
  • 貧血症
  • 甲状腺腫
  • バセドウ病
  • 橋本病
  • 痩身(ダイエット)
お問い合わせはこちら011-841-8931